遺産分割調停で、相手方による亡くなった親の預金名義の引き出し・費消の主張を退け、調停成立。

ご依頼者;50代男性、会社員

  • ご相談・ご依頼のきっかけ

ご依頼者は、親の死亡後、ご兄弟と遺産分割の話し合いをしました。

遺産分割の対象となる財産で話し合いが進まないとのことで、ご相談にいらっしゃいました。

  • 当事務所の活動

ご依頼者によれば、ご兄弟が弁護士を通じて、遺産分割協議に際して、親が亡くなる前に親名義の預金口座より引き出して費消した分を返還するよう、主張してきたとのことでした。

 

そこで、当事務所が受任して、相手方弁護士と協議をしました。

 

相手方弁護士は、引き出し分全額を返還するよう主張し、調停を申し立ててきました。

 

調停に移行したので、当事務所の弁護士より、ご依頼者に調停の手続きの進み方、ポイント、話す内容等を説明し、弁護士が調停にご本人と同行しました。

 

調停において、当事務所の弁護士より、ご依頼者が親名義より出金した分は、親の入所施設の費用等の支払い等に充てたものであり、自己のために費消していない旨、領収書等の証拠とともに主張しました。

 

また、その出金額は、親の介護の費用、施設の費用として、過大ではなく、相当である旨、統計資料等を提出して、主張しました。

 

その結果、相手方による預金口座の出金分の返還主張を退けました。

 

その他、相手方は、ご依頼者が受取人として受領した生命保険に関して、特別受益である旨、主張してきました。

 

これに対して、当事務所の弁護士より、保険金の受取り額が遺産全額に対して比較的少なく、特別受益には当たらない旨、裁判例等を挙げて、主張しました。

 

その結果、保険金は遺産分割の対象外とされました。

 

以上の経緯を経て、遺産分割調停が成立しました。。

当事務所が受任した結果

・ 遺産分割調停成立。

・ 預金名義の引き出し返還の主張を退ける。

・ 生命保険の特別受益の主張を退ける。

 

 

相続トラブル解決事例

遺産分割協議

  • 夜10時まで相談できる法律事務所|相続の事なら尼崎西宮総合法律事務所にお任せ下さい。|フリーダイヤル 0120-066-435 相談予約受付 平日 9:00~22:00 阪神尼崎 徒歩30秒|弁護士・税理士 中西優一郎|ご相談の流れはこちらをクリック

  • 夜10時まで相談できる法律事務所|相続の事なら尼崎西宮総合法律事務所にお任せ下さい。|フリーダイヤル 0120-066-435 相談予約受付 平日 9:00~22:00 阪神尼崎 徒歩30秒|弁護士・税理士 中西優一郎|ご相談の流れはこちらをクリック