相続Q&A

このページでは、当事務所に寄せられた相続に関するよくある質問とその答えを掲載していきます。

1.被相続人の債務の負担者などについても、家庭裁判所で話し合うことができますか?
2.相続人の一人が遺産の一部を隠していると疑っているのですが、家庭裁判所に申立てをすれば調べてもらえますか?
3.遺産分割の調停での話し合いがまとまらない場合は、どうなりますか?
4.夫は数年前に亡くなっていますが、相続放棄はできますか?
5.相続放棄が受理されたときは、どのような手続をすればいいのですか?
6.相続放棄が受理された証明書が欲しいのですが、どのような手続をすればいいのですか?
7.相続人が複数いるのですが、一部の人だけで限定承認の申述をすることはできますか?
8.限定承認の申述が受理されたときはどのような手続きをすればいいのですか?
9.相続放棄の必要書類は何ですか?
10.相続放棄の期限は?
11.相続放棄をしたら生命保険の死亡保険金は受け取れるの?
12.成年後見制度とはどのようなものですか?
13.成年後見が始まるとどうなりますか?
14.成年後見人はどのような仕事をするのですか?
15.保佐が始まるとどうなりますか?
16.保佐人はどのような仕事をするのですか?
17.補助が始まるとどうなりますか?
18.補助人はどのような仕事をするのですか?
19.遺言とは何ですか?
20.遺言のないときは、相続はどうなりますか?
21.遺言が特に必要な場合とは、どのような場合ですか?
22.遺言は、どのような手続きでするのですか?
23.自筆証書遺言とはどのようなものですか?そのメリットとデメリットを教えて下さい。
24.公正証書遺言とはどのようなものですか?そのメリットとデメリットを教えて下さい。
25.公正証書遺言でも秘密は守られますか?
26.秘密証書遺言とはどのようなものですか?そのメリットとデメリットを教えて下さい。
27.遺言は、いつするべきものでしょうか?
28.遺言は、訂正や取消し(撤回)が自由にできますか?
29.障害を抱えた子の将来の面倒を見ることを条件に、第三者に財産を与えるという遺言はできますか?
30.財産を妻に相続させる遺言をしようと思いますが、もし、妻が私より先に死亡したらどうなりますか?
31.亡くなった人について、遺言書が作成されているかどうかを調べることができますか?
32.口がきけない者や、耳が聞こえない者でも、公正証書遺言をすることができますか?
33.公正証書遺言をするには、どのような資料を準備しておけばよいでしょうか?
34.公正証書遺言を作成する場合の手数料は、どれくらいかかりますか?
35.成年後見は、どのような制度ですか。法定後見と任意後見の違いは何ですか。
36.任意後見契約が、将来に備える制度(老い支度、老後の安心設計)であると聞きますが、どういうことですか?
37.任意後見契約を締結するには、どうしたらいいですか?
38.任意後見人の仕事は、どういうものですか?
39.任意後見契約の内容は、自由に決められますか?
40.任意後見人は、親族、身内の者でもなれますか?
41.任意後見人は、1人でないといけないのですか?
42.任意後見人は、いつから仕事を始めるのですか?
43.任意後見人に、大切な預貯金等を使い込まれる心配はないのでしょうか?
44.判断能力が低下したわけではありませんが、年を取って足腰が不自由になったり、身体能力が衰えて、何事をするにも不自由を感じるようになった場合に備えて、あらかじめ、誰かに財産管理等の事務をお願いしておきたいのですが、これも任意後見契約でできますか?
45.本人の判断能力が衰えてからでも、任意後見契約を締結できますか?
46.任意後見契約は、登記されますか?
47.任意後見契約を締結するには、どのような書類が必要ですか?
48.任意後見契約の公正証書を作成する費用は、いくらですか?
49.体力が弱って、公証役場に出向くことができないときでも、任意後見契約を締結することはできますか?
50.任意後見事務の処理に必要な費用は、誰が出すのですか?
51.任意後見人や任意後見監督人に、報酬は支払うのですか?
52.任意後見契約を、途中でやめることはできますか?
53.任意後見契約で、任意後見人に対して、どのような配慮をすることが考えられますか?
54.自分が死んだ後、障害を持つ子供のことが気がかりですが、それに備える方法はありますか?
55.共同相続人の1人が、12年前から行方不明になっています。遺産分割はどのようにすればよいのでしょうか。
56.私は、父と一緒に家業の農業を営んできました。他の兄弟はみな家を出てしまい、家業にはかかわっていません。父の遺産は父と私で築いたものなのに、他の兄弟が私と同程度に相続することは納得いきません。どうしたらいいでしょうか。
57.遺留分の支払を他の相続人に求めたいのですが、訴訟や調停を申し立てる必要がありますか?また、時効はあるのでしょうか?
58.遺留分減殺請求をする相手は誰ですか?相続人であれば誰でもよいのでしょうか?
59.亡父の遺品を整理していたら、遺言書が出てきました。どうしたらよいでしょうか?
60.相続人は、遺言書の内容に拘束されますか。遺言と異なる遺産の配分はできないのでしょうか。
61.父の四十九日の後に親族が集まったところ、2つの遺言書が出てきました。作成された時期は異なるようですが、どの遺言が有効なのでしょうか?それともいずれも無効なのでしょうか?
62.自筆証書遺言を作成する場合の注意点について教えて下さい。
63.公正証書遺言とはどのようなものですか。作成の費用はどの程度かかりますか。
64.亡くなった夫の遺言が見つかり、可愛がっていた長男に全財産を相続させるというものでしたが、他の相続人(妻と次男)は納得できません。この様な遺言でもそのとおりに従うしかないのでしょうか?
65.次男夫婦は私たち夫婦と同居して家業を手伝い亡父の財産形成を手伝ってきました。このような場合には相続分に差を設けないと不公平ではないでしょうか?
66.亡父の生前に相当の財産を貰った者と貰っていない者があります。その相続分に差を付けないと不公平ではないでしょうか?
67.遺産分割の方法につき、相続人間で話がつかないときは、どうしたら良いのですか。分割方法の基準はありますか?
68.相続財産を、相続人の間でどのように分けたらよいのでしょうか?いつまでに分けなければならないのでしょうか?
69.死んだ夫の相続財産は、現金、預貯金、不動産などのプラスの財産より負債が多いため、できることなら相続をしたくありません。そのようなことができますか?借金は相続しないで、プラスの財産を相続することはできますか?
70.死んだ夫には多額の借金があります。相続財産には借金も含まれますか?夫が保証人になっている場合、保証債務も相続されますか?生命保険金は相続財産に含まれますか?
71.夫が死亡しましたが、相続人となるのは誰ですか?
72.先日、父親が亡くなり、兄弟2人で父親の財産を相続することになりました。ところが、私が長男であったため、先祖代々のお墓を私が承継することになったのですが、弟から、「お墓不足の昨今、お墓を取得するには、数百万円は必要になるので、お墓をもらったお兄さんはその分相続分を減らすべきだ」と要求されました。私は、弟の要求を応じなければならないのでしょうか。
73.私は病気で寝たきりの父親を、10年間、ほとんど毎日のように父の家に通って、掃除、洗濯、食事の準備などをして療養看護に努めてきました。他の兄弟たちは、遠方に住んでいたため父の面倒は全く看ていなかったのですが、父が亡くなると、法定相続分どおりの分割を主張してきました。遺産分割にあたって、私の長年にわたる療養看護は考慮されないのでしょうか。
74.相続放棄は、いつまでに、どのようにしたらいいのでしょうか?
75.私は、夫と子供2人の4人で生活していましたが、先日、私の夫が亡くなりました。夫は、生前、貸金業者から多額の借金をしており、その返済をしていました。私や私の子供は、夫がした借金の返済をしなければならないのでしょうか。
76.裁判所が遠くて行けない場合はどうすればいいのでしょうか?

  • 夜10時まで相談できる法律事務所|相続の事なら尼崎西宮総合法律事務所にお任せ下さい。|フリーダイヤル 0120-066-435 相談予約受付 平日 9:00~22:00 阪神尼崎 徒歩30秒|弁護士・税理士 中西優一郎|ご相談の流れはこちらをクリック

  • 夜10時まで相談できる法律事務所|相続の事なら尼崎西宮総合法律事務所にお任せ下さい。|フリーダイヤル 0120-066-435 相談予約受付 平日 9:00~22:00 阪神尼崎 徒歩30秒|弁護士・税理士 中西優一郎|ご相談の流れはこちらをクリック