任意後見人に、大切な預貯金等を使い込まれる心配はないのでしょうか?

任意後見人は、ご自身が、最も信頼できる人として、自分で選ぶことができます。契約に際しては、信頼できる人かどうかをよく吟味して選ぶことがとても大切です。

任意後見人の仕事は、家庭裁判所によって、任意後見監督人が選任された後に初めて開始されます。

したがって、家庭裁判所によって選任された任意後見監督人が、任意後見人の仕事について、それが適正になされているか否かをチェックします

また、任意後見監督人からの報告を通じて、家庭裁判所も、任意後見人の仕事を間接的にチェックする仕組みになっています。

さらに、任意後見人に、著しい不行跡、その他任務に適しない事由が認められたときは、家庭裁判所は、本人、親族、任意後見監督人の請求により、任意後見人を解任することができることになっています。

以上より、万一のことをご心配されて、任意後見契約を躊躇するよりも、ご自分がしっかりしているうちに、ご自分の判断で、信頼できる任意後見人を選び、積極的に老後に備える準備をされた方がよいといえるのではないかと思います。


  • 夜10時まで相談できる法律事務所|相続の事なら尼崎西宮総合法律事務所にお任せ下さい。|フリーダイヤル 0120-066-435 相談予約受付 平日 9:00~22:00 阪神尼崎 徒歩30秒|弁護士・税理士 中西優一郎|ご相談の流れはこちらをクリック

  • 夜10時まで相談できる法律事務所|相続の事なら尼崎西宮総合法律事務所にお任せ下さい。|フリーダイヤル 0120-066-435 相談予約受付 平日 9:00~22:00 阪神尼崎 徒歩30秒|弁護士・税理士 中西優一郎|ご相談の流れはこちらをクリック