【2018年4月号】相続・贈与マガジン

2019-02-06

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 46.5%  これは、「一般社団法人 全国優良石材店の会」が実施した「2017年お墓購入者アンケート調査」(有効回答数2,423)の中で、「子が親のお墓を建てる事について」という質問に「当然だと思う」と回答した人の割合です。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ペー
続きを読む >>

【2018年3月号】相続・贈与マガジン

2018-12-27

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 76.9% 『司法統計』によると、平成28年の遺産分割事件における手続代理人弁護士関与率は76.9%でした。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ページ 収益不動産の相続対策は、賃貸物件の法人化を検討しましょう! 近年、相続税対策も兼ねて、アパートなどの収益不動産
続きを読む >>

【2018年2月号】相続・贈与マガジン

2018-12-20

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 10万6千人 国税庁が2017年12月に発表した『平成28年度分の相続税の申告状況について』によると、相続税の課税対象になった被相続人数は10万6千人でした。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ページ、3ページ 収益力も贈与したい!節税もできる築古アパートの贈与と
続きを読む >>

【2018年1月号】相続・贈与マガジン

2018-12-05

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 4,032件 法務省の戸籍統計によると、2016年度に提出された『姻族関係終了届』の件数は過去最高の4,032件でした。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ページ 同族会社の役員退職金適正額は?〜生前退職金のメリットとは〜 前回、同族会社における役員退職金の適正
続きを読む >>

【2017年12月号】相続・贈与マガジン

2018-11-30

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 10万5,350件 日本公証人連合会の発表によると、平成28年の『公正証書遺言』の作成件数が「10万5,350件」であることがわかりました。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ページ 同族会社の役員退職金適正額は?また死亡退職金はどうなるのか? 身内だけで会社の
続きを読む >>

【2017年11月号】相続・贈与マガジン

2018-11-07

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 18万2千件 最高裁判所の「司法統計年報」によると、相続放棄の件数は18万2, 089件(平成26年)あり、この10年で約4万件も増加しました。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ページ 相続にまつわる税金は不動産しだい? 今から確認しておきたい、特例の適用要件
続きを読む >>

【2017年10月号】相続・贈与マガジン

2018-10-26

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 48万9千人 国税庁が発表した「平成27年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」によると、暦年課税を適用した申告人数が4 8万9,000人いることがわかりました。 この記事の続きはこちら>> 【資産安心コラム】2ページ 贈与? 遺贈? 孫へ財産を残すのにはどう
続きを読む >>

【2017年9月号】相続・贈与マガジン

2018-10-11

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 2.82% 国税庁が平成27年の相続財産種類別の被相続人数を発表しています。この調査によると、売掛金を相続財産とした被相続人は2,909人いることがわかりました。この人数はすべての被相続人(103,043人)のうち2 . 82%を占めます。決して多い数字ではありません。むしろ、売掛金が相続財産
続きを読む >>

【2017年8月号】相続・贈与マガジン

2018-10-01

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 696万人   厚生労働省が2015年に発表した「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」によると、2025年には認知症患者数が696万人になると予測されています。この数値は2012年の認知症患者数と認知症有病率をもとに計算されたもので、もし認知症有病率が2012年よりも今後高く
続きを読む >>

【2017年7月号】相続・贈与マガジン

2018-09-12

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング 【数字で見る相続】1ページ 71,762人  国税庁が発表した「統計年報」によると、平成27年に有価証券を相続財産として残した被相続人数は「71,762人」いることがわかりました。この数値は年々伸びており、平成26年と比べると2万人弱も増えています。有価証券とは、株式や公債、社債などを指します。有価証券は現金とは違い、評
続きを読む >>



<< 前の情報を見る