【2016年11月号】相続・贈与マガジン

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 40.0%

 「40.0%」とは、国税庁「統計年報」による、平成26年中に暦年課税を利用して贈与税を申告した38万8,797人のうち、取得財産価額が150万円以下だった15万4,373人が占める割合です。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 「相続放棄」せず「相続分の放棄」をしたばっかりに連帯保証債務を相続することに!前編

東京・下町で町工場を経営していた安井幸吉さんが亡くなり、相続が発生しました。妻の妙子さんは3年前に死去。長男の龍太さんと長女の冴子さんがいます。龍太さんは妻・すみれさんとともに幸吉さんと同居しており、すみれさんが幸吉さんの介護をしていました。幸吉さんの資産は、自宅兼工場の不動産(評価額5,000万円)と約200万円の預貯金のみで、借入金はありません。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 「相続開始前3年以内の贈与財産」は相続財産に加算される!

 有効な相続対策のひとつが、生前贈与です。将来の相続税負担を軽減しようと、配偶者や子、孫などに現金をはじめとした財産を贈与するケースは多く見受けられます。では、相続が始まるまでに、できるだけ多くの財産を贈与して移転しておけばいいのかというと、そうはいきません。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 「贈与税の配偶者控除」はどんなときに使えばいい?

Q 私が亡くなったら、妻にできるだけ財産を残し、生活に困らないようにしてあげたいです。「贈与税の配偶者控除」は不動産を取得する際に使えると聞きましたが、うちの財産は自宅だけでこれから不動産を取得する予定がありません。それでも使えますか?

この記事の続きはこちら>>