【2017年10月号】相続・贈与マガジン

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 48万9千人

国税庁が発表した「平成27年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」によると、暦年課税を適用した申告人数が4 8万9,000人いることがわかりました。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 贈与? 遺贈? 孫へ財産を残すのにはどうすればいい?

通常、孫は法定相続人ではないので、財産を残すには贈与や遺贈などを検討する必要があります。今回は、孫へ財産を残すための方法をご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 一歩間違えれば多額の贈与税がかかってしまう? 暦年課税制度の正しい活用方法

相続税対策は早ければ早いほど、さまざまな手法を検討できます。早くから取り組むことで節税につながる“生前贈与”は、その代表例のひとつといえるでしょう。「生前贈与」と言っても、教育資金や結婚資金の一括贈与や相続時精算課税制度など複数の制度があります。今回は、生前贈与のなかでも最も一般的な暦年課税制度について見ていきましょう。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 息子1人にすべての自社株を贈与したとき 相続でどのような問題が起きる?

Q 私は製造業を営んでおり、息子が3人います。素直で真面目な三男を後継者として決め、自社株のすべてを相続時精算課税により生前贈与しました。また「妻には自宅(4,000万円)を残し、子どもは預金(1,000万円)を3等分する」という遺言を作成しようと思っています。この遺言に問題はありませんか?

この記事の続きはこちら>>