【2017年11月号】相続・贈与マガジン

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 18万2千件

最高裁判所の「司法統計年報」によると、相続放棄の件数は18万2, 089件(平成26年)あり、この10年で約4万件も増加しました。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 相続にまつわる税金は不動産しだい? 今から確認しておきたい、特例の適用要件

高齢大国ニッポンの日常風景と化した高齢者の一人暮らし。今はまだ元気だからいいけど、もしもの時にどうしたら? 今回は相続した自宅の売却をテーマに、2016年の税制改正大網で創設された『小規模宅地の特例』について遺言書の有無も含めた事例をご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 争族を未然に防ぐ! 遺留分を捻出できないときは「代償分割」の活用を

経営者が相続の際に見落としてしまいがちな「事業後継者以外への財産分与」。事業に関係するもの(自社株や事業用不動産など)以外に目ぼしい財産が特にない場合は、事業後継者以外の相続人に残す財産のバランスを見誤り、“相続”ならぬ“争続”に発展する可能性もあります。今回は争族を未然に防ぐ方法について見ていきましょう。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 父が震災被害で生死不明となった場合、 相続で必要となる家裁手続きとは?

Q 大震災の時、実家が被災し、津波にのまれて生死不明になった父親がいます。震災が起きてから、まだ1年しか経っていません。しかし、私も実家には戻っておらず、現在実家には、住む人もいません。実家は震災の被害で痛みが激しいので売却したいと考えています。この場合、生死不明の父の相続はどうすればできますか?

この記事の続きはこちら>>