【2018年2月号】相続・贈与マガジン

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 10万6千人

国税庁が2017年12月に発表した『平成28年度分の相続税の申告状況について』によると、相続税の課税対象になった被相続人数は10万6千人でした。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ、3ページ 収益力も贈与したい!節税もできる築古アパートの贈与とは?

家賃収入が安定している築古アパートを子に贈与することで、節税しつつ、収益力を子に贈与することができます。特に、築年数の古い建物であれば、建物の評価が低いため、この効果は絶大です。今回は、親が子にアパートを贈与する場合の事例をもとに、その方法をご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 子や孫に“結婚・子育て資金”を贈与したら、課税されるのですか?

Q 孫が結婚をすることになりました。しかし「資金がないから、挙式はせず写真のみ撮影しようかな……」と言っています。そこで、私の貯金を結婚・子育て資金として贈与することはできますか?

この記事の続きはこちら>>