【2018年3月号】相続・贈与マガジン

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 76.9%

『司法統計』によると、平成28年の遺産分割事件における手続代理人弁護士関与率は76.9%でした。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 収益不動産の相続対策は、賃貸物件の法人化を検討しましょう!

近年、相続税対策も兼ねて、アパートなどの収益不動産に投資される方が多いと聞きます。しかしながら、収益不動産を親が購入した場合、毎月の家賃収入で所得税率が高くなることで納税が増え、また相続財産がどんどん膨らんでいくことが多々あります。こういった状況を防ぐために、法人化することで子ども世代に所得分散し、子どもはそれを貯金して将来の相続税の納税に備える方法があります。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 財産管理・遺産承継の手法である『民事信託』とは?

65歳以上の高齢者の4人に1人は、認知症及びその予備軍になると言われています。もし自分の親が認知症になった時、遺産分割はどうするのか?一つ間違えば、“争続”の原因にもなりかねません。そこで注目されているのが『民事信託』という制度です。今回はこの制度を紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 老人ホームで亡くなった父の自宅は小規模宅地等の特例を受けられる?

Q 先日、老人ホームに入所していた父親が亡くなりました。父は自宅を所有していて、私は相続税を少しでも安く抑えたいと思っています。この場合、小規模宅地等の特例を受けることはできるのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>