【2018年4月号】相続・贈与マガジン

 記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 46.5%

 これは、「一般社団法人 全国優良石材店の会」が実施した「2017年お墓購入者アンケート調査」(有効回答数2,423)の中で、「子が親のお墓を建てる事について」という質問に「当然だと思う」と回答した人の割合です。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 愛する家族への遺産が‟名義預金”とみなされないためには?

「愛する家族にお金を残してあげたい」と、配偶者や子、孫の名義で預金口座を作って、預金をその口座に移し変えている方は珍しくありません。しかし、その方が亡くなった後、税務調査によりその財産が亡くなった方のものだとみなされれば、相続の課税対象となります。このような預金を“名義預金”といいます。今回は、その名義預金について解説していきます。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 子どもや孫の住宅取得をうまく活用してスムーズな財産移転を!『住宅取得等資金の贈与の特例』とは?

子どもや孫の新居の購入をきっかけに相続税対策ができる仕組みとして注目を集めている「住宅取得等資金の贈与の特例」。非課税となるには条件があり、注意が必要です。今回は本制度の特徴とメリットをお伝えします。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 大幅に相続税を安くできる“小規模宅地等の特例”適用条件とは?

Q 賃貸併用住宅を自宅として建てようと思いますが、相続がスタートした場合、相続税を大幅に安くできる“小規模宅地等の特例”制度を適用できますか?

この記事の続きはこちら>>