【2018年8月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 4,566億円

平成30年5月、国税庁は『平成29年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について』を発表。『平成29年分の住宅取得等資金の非課税の申告状況』について、申告人数は58,000人、非課税の適用を受けた金額が4,566億円であることがわかりました。

この記事の続きはこちら>>

【事業継承ニュース】2ページ 事業承継成功のために② 〜事業承継は、4つの視点に留意する必要がある〜

税制改正によって創設された新・事業承継税制に注目が集まっていますが、事業承継は税制に注意するだけではうまくいきません。事業承継に際しては、税制面に加えて、ビジネス面、法制面、金融面の4つの視点からの総合的アプローチが重要だと考えています。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 子や孫への住宅資金贈与 〜利用したい2つの非課税制度と注意点〜

2018年5月30日に国土交通省が発表した『平成29年度住宅市場動向調査』によると、土地を購入した注文住宅新築世帯の平均購入資金は4,334万円でした。 なお、住宅を購入するにあたり、子や孫へ住宅購入費用を援助することもあるでしょう。そこで活用できるのが『住宅取得等資金の贈与税の非課税制度』と『相続時精算課税制度』です。今回は、2つの制度の違いや注意点についてご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 平成30年度の税制改正によって何が変わった? その1

平成30年度の税制改正により、相続税や贈与税の特例条件が『緩和されたもの』『厳しくなったもの』『規制されたもの』があります。そのため、今回から2回にわたり、条件が変更となった6つの制度を取り上げ、変更点をお伝えします。

この記事の続きはこちら>>