【2018年9月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 1,070億円

平成28事務年度の国税庁の相続税調査によれば、税務調査により指摘された現金・預貯金の申告漏れ課税価格は1,070億円でした。

この記事の続きはこちら>>

【事業継承ニュース】2ページ 事業承継成功のために③ 〜新・事業承継税制は改正前とどう変わった?〜

平成30年度税制改正にて抜本的な見直しが行われた事業承継税制。具体的に、どのような点が変わったのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 現金や預金が名義預金と指摘されるケースとは?

毎年、“暦年贈与で相続税対策をしていたのに、税務署から名義預金とみなされて相続財産に加えられてしまう”といったケースがあります。そうなると延滞税や加算税がかかることも……。では、現金や預金が名義預金とみなされるのはどういったケースなのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 平成30年度の税制改正によって何が変わった?その2

前回より、平成30年度の税制改正により条件が変更となった6つの制度を取り上げ、その変更点をお伝えしています。今回は、後半の3つをお伝えします。

この記事の続きはこちら>>