【2018年12月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 1,300件

国税庁が発表した『平成28事務年度における相続税の調査の状況について』では、相続税における重加算税の賦課(ふか)件数が1,300件と、昨年度の1,250件より50件も増加しました。

この記事の続きはこちら>>

【事業継承ニュース】2ページ 事業承継成功のために⑥ 〜資産管理会社とは?〜

中小企業の現経営者から後継者へ株式を承継する際の相続税や贈与税を軽減する『事業承継税制』ですが、すべての中小企業が適用対象となるわけではなく、事業承継を行う会社が『資産管理会社』の場合には、税制の適用対象外となってしまいます。
今回は、多くの中小企業にとって最も関心の高い、この『資産管理会社』について解説します。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 2500万円まで非課税で贈与できる『相続時精算課税制度』とは?

贈与税の非課税額は年間110万円以内と定められていますが、条件によって最大2,500万円までを非課税で贈与することができる、『相続時精算課税制度』という制度があり、年間約5万人が利用しています。今回はこの『相続時精算課税制度』の特徴や注意点について詳しくご説明します。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 自分の土地を子どもに貸して家を建てさせる場合、贈与税はかかる?

Q 子どもが結婚したため、私が所有している土地に家を建てさせようと思っています。この場合、地代や権利金を授受しないと贈与税はかかるのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>