【2019年3月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 1,064,695件

法務省が発表している『登記統計』によれば、平成29年の相続その他の一般承継による不動産の所有権移転登記件数は1, 0 6 4 , 6 9 5 件、不動産の個数は4,421,755件となっていました。

この記事の続きはこちら>>

【事業継承ニュース】2ページ 事業承継成功のために⑨ 〜新・事業承継税制の手続きの流れ その2〜

事業承継を行うことで発生する負担は、中小企業が抱える課題の一つです。そこで、ぜひ利用してほしいのが、贈与税や相続税を無税にする新・事業承継税制です。前回は、承継計画書の作成から贈与税が全額免除されるまでの流れをご紹介しました。今回は、贈与後の贈与税の免除と、相続税の納税猶予と免除について、具体的に解説していきます。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 不動産の活用⑴ 〜不動産評価額はどのように決定するのか?〜

国税庁の調査によれば、相続財産の40~50%が土地や建物となっています。相続税の節税対策をするためにも、所有する不動産はどれくらいの相続税評価なのかを知っておくことは大切です。不動産は土地と建物で相続税の評価となる基準が違います。今回は、土地や建物の相続税を計算する基準となる評価額についてご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 相続人同士で土地を交換すると、所得税がかかる?

Q 父が住んでいた土地を兄弟2人で相続し、そこに兄が住むことになりました。弟の相続分の土地と、兄がすでに住居用に買っていた別の土地を交換するとき、所得税はかかりますか?

この記事の続きはこちら>>