【2019年4月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 65~74歳

国土交通省の『平成25年土地基本調査総合報告書』によれば、現住居・現住居以外ともに、土地の所有者として最も多かった年齢層は65~74歳でした。

この記事の続きはこちら>>

【事業継承ニュース】2ページ 事業承継成功のために⑩ 〜新・事業承継税制の留意点〜

事業承継の新税制は従前税制と比べて、税務メリットがとても大きくなっています。さらに、それぞれの要件も大幅に緩和されたため、利用しやすくなりました。そのため、前向きに検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、税制の利用に際しては以下の6つの留意点があります。税制の要件とともにご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 不動産の活用⑵ 〜相続対策としての土地活用方法の変化〜

来たるべき相続に備え、所有する不動産で節税や収益の仕組みをできるだけつくっておきたいもの。昨今は土地所有者の高齢化が進み、相続対策としての土地活用が急務となっています。従来はアパートやコインパーキングなどが主流でしたが、近年は活用方法にも変化が生じています。今回は、最近の土地活用についてお伝えします。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ 塩漬けにしていた“タンス預金”相続の際の申告は必要?

Q 亡くなった人がずっと自宅に保管していた現金などのいわゆる“タンス預金”。相続の際に申告は必要でしょうか?

この記事の続きはこちら>>