【2019年7月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 57.1%

国税庁が平成30年末に公表した『平成29年分の相続税の申告状況について』によれば、相続税の申告があった相続財産のうち、名義変更が必要となる土地や家屋、有価証券が占める割合は57.1%でした。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 財産を特定の人に託したいときに役立つ『民事信託』とは

先祖代々受け継いできた土地や建物は、配偶者側の親族ではなく自分の親族に引き継いでほしいと考える人も多いものです。しかし、相続の状況によっては自分の親族に引き継げずに、配偶者側の親族に渡ってしまうことがあります。そこで、自分が指定した人に財産を遺したいとき、相続と共に活用したいのが『民事信託』です。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 相続人の9割が失敗する相続準備(3)~名義変更手続き~

相続時に相続人がすべきことの一つが、被相続人の財産を相続人に名義変更する作業です。名義変更が必要なのは不動産登記のほか、預貯金や株式、会員権など多岐に渡り、相続が開始してからその数の多さにとまどう方がほとんどです。今回は、この名義変更手続きについてご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【なかなか聞けない相続Q&A】4ページ エンディングノートの活用(1)~遺言書のたたき台として~

Q 近年、終活の一つとして『エンディングノート』をつけることが流行っています。しかし私は遺言書を遺す予定なので、必要ないですよね?

この記事の続きはこちら>>