【2019年10月号】相続・贈与マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【数字で見る相続】1ページ 41.9%

2018年12月に国税庁が発表した『平成29年分の相続税の申告状況について』によれば、2017年中に相続税申告のあった相続財産のうち、土地及び家屋が占める割合は41.9%でした。

この記事の続きはこちら>>

【資産安心コラム】2ページ 配偶者に住む家を残したい!2020年から施行予定の『配偶者居住権』とは

自分の死後も、妻(または夫)には、安心して自宅に住み続けてほしいものです。しかし、配偶者が自宅を相続しても、ほかの相続人が預貯金などの財産を相続したことで、生活費や相続税の支払いに困り、結局は自宅を手放さなければならないというケースがあります。
今回は、そういった問題を解決するために新設される『配偶者居住権』について解説します。

この記事の続きはこちら>>

【今からできる相続対策】3ページ 増税後の住宅購入を支援する『住宅取得資金贈与制度』とは?(2)

9月号では、消費税増税後でも『住宅取得資金贈与制度』を活用すれば、住宅取得費用を抑えられることをご紹介しました。
しかし、活用しない方が費用を抑えられる場合もあるのです。
今回は、どういう場合に住宅取得資金贈与制度を使わない方がよいかをご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【相続の基本講座Q&A】4ページ 生前贈与と相続、どちらが節税できる?

Q 相続税対策をしたいのですが、生前贈与をした方がよいのか、それとも相続をした方がよいのかで悩んでいます。どちらがよいのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>